プログラミングスクールを運営する会社のブログ

【初心者必見!】プログラミングを始めたいけど、パソコン(mac)って何を買えばいいのだろう? 

free-resources-mac-photos-07 2

 

今年のGWも終わっちゃいましたね。皆様は何をして過ごしましたか。

 

僕はとても充実していましたねえ。
初日は会社に出勤、次の日は「swift」というiPhoneアプリ制作の勉強、次の日は「sketch app」というグラフィックアプリの勉強、次の日もiPhoneアプリ制作の勉強…。

 

いやあ、充実していたなあ(遠い目)

 

僕の様に、休みを謳歌した人でも、そうでない人でも、きっとその中には何かの決心のもとプログラミングを始めようとしている方がいるのではないかと思います。

 

ですので、今回はそんな方を応援するためにも、最初のステップである「PCについて」ご紹介しましょう。しかし、PCでも色々な種類がありますので、今回はプログラミングを始める人なら多くの人が使っているだろう、apple社の「Macの特徴」を簡単にご紹介したいと思います。 macと言っても種類が多いですからね、この記事を見て少しでも購入の際の参考にして頂けると幸いです!

 

 

①「iMac」って何?

IMG_2431

 

「iMac」とはデスクトップ型(据え置き型コンピュータのこと)のMacになります。このかっこいい本体と一緒に「ワイヤレスキーボード」や「ワイヤレスマウス」「トラックパッド」がついているので、無線で使用することができ、非常にスマートな見た目となっております。部屋を一気にカッコよくしてくれる様な、インテリア性が非常に高い点も魅力的なモデルとなっております。

 

IMG_2452

*「ワイヤレスキーボード」や「ワイヤレスマウス」

 

画面も大きく、複数のアプリケーションやブラウザ、エディタを開く機会が多いプログラミングの勉強にはとても便利なモデルとなっています。しかし、その反面としては、持ち歩くことができないというデメリットがあります。プログラミングをしていくにあたって、他人と共同開発や、勉強会、カフェなど外で作業する機会が非常に多くなってくるかと思われます。そんな時にiMacだと外で作業することができないので不便に感じてしまうことがあるかもしれません。

 

【iMacのメリット】

・画面が大きく作業がしやすい。

・インテリア性が高い

 

【iMacのデメリット】

・持ち運びが不可能

 

 

② 「MacBookPro」って何?

IMG_2466

 

「MacBookPro」ノートパソコン型のMacになります。

次に説明するMacBook Airより性能が高く、DVDドライブ(DVDを入れる部分、DVDを見れたりします)が付いています。外でDVDやCDの作成、取り込みをよく行う方にオススメです。

 

IMG_2461

 

しかし、次に紹介する「MacBookAir」と比べると多少、厚さや重さが出てしまうところが難点です。

 

IMG_2464

 

【iMacのメリット】

・ノートパソコンでありながら性能が高い

・最初からDVDドライブがついている

・DVDを外で読み込みたい人には便利

 

【iMacのデメリット】

・MacBook Airと比べると重くなってしまうため、持ち運びが大変。

 

 

③ 「MacBookAir」って何?

IMG_2446

 

「MacBookAir」ウルトラブック型のMacになります。

その一番の良さは「薄くて軽い」ことです。
プログラミングを勉強していく中では、PCを持ち運びたくなる機会が多いかと思いますので、この点は非常におすすめな点です。ただ、DVDドライブがついていないのでDVDを読み込みたい場合は外付けのDVDドライブを購入する必要性があります。

 

IMG_2441

 

【iMacのメリット】

・薄くて軽いので持ち運びが容易

 

【iMacのデメリット】

・DVDドライブがついていないので、必要な場合は別途購入する必要がある。

・MacBookProと比べると性能が落ちてしまう。

 

④ 結局何がよいの?

 

ここまで、説明をしてきて「結局何を買うのがよいの?」と思われているかと思います。

結論から申し上げると何が正しいということはありません。何故ならそれぞれの用途や環境によって最適なものは異なるためです。 しかし、プログラミングをこれから始める初心者に進めるとしたら、「MacBook Air」をおすすめしたいと思います。なぜなら「MacBook Air」と「MacBook pro」の両方を使った経験のある私からすると、やはり「MacBook Air」の利点である薄さや軽さが非常に持ち運びに適していたためです。

 

僕の場合は写真を撮る気合が多く、一眼レフ(機材も含め)とMacBookを持ち運ぶ機会が多かったのですが、やはりMacBook Airの軽さや薄さはとても魅力的でした。

 

プログラミング初心者のうちは多くのアプリケーションをインストールする機会、多くの容量を必要とするアプリケーションの使用、また容量を容量を多く使う写真や動画を使う機会も多くないかと思います。 そう考えるとフットワークを軽くするMacBook Airを購入し、色々な勉強会に足を運んだり、共同開発する機会を積極的にとってスキル向上を目指すべきかと思われます。徐々にレベルが上がってきた中で、容量やスペックに悩むようになってきた場合、「MacBook Pro」などの買い替えをすると良いのではないでしょうか?

 

ではみなさん、頑張ってプログラミング学習をしていきましょう!!

 

一緒にこの記事も見られています